会社情報/採用情報

会社情報

事業内容・漁具・船具・漁業資材・漁撈機械の販売
・漁撈機械の修理・整備
・油圧ホースの製作
・救命筏の整備
・船舶の塗装
・水中ロボットでの漁場調査
・漁網の仕立て
・漁網の防汚加工・染網
設立1850年 創業 (嘉永3年、1853年・ペリー来航の3年前)
1948年 「株式会社麻屋商店」 を設立
1988年 「アサヤ株式会社」 に社名変更
沿革1850年
初代・廣野太兵衛が廣野屋を創業。漁業者のために麻を仕入れて販売する事業を始める。麻を扱っていることから、麻屋と呼ばれるようになり、商号も廣野屋から麻屋へと変わっていった。

1875年
2代目・廣野太兵衛が東京から鉄線の買付けを始める。釣針が簡単に作れると大いに評判となり、三陸沿岸に名前が広がった。これが針金という言葉の語源であるとも言われている。

1948年
4代目・廣野善兵衛が(株)麻屋商店を設立。廣野善兵衛は後に気仙沼市長を4期・16年務めることになる。

1988年
5代目・廣野甚吉により、(株)麻屋商店からアサヤ(株)へと社名変更。

1999年
5代目・廣野甚吉が死去。6代目・廣野浩が代表取締役社長に就任。

2011年
東日本大震災が発生。気仙沼本社・石巻支店・釜石支店・宮古支店の4拠点が被災・全壊し、仮設事務所にて営業を再開。

2013年
気仙沼本社の新社屋が完成。

2014年
釜石支店・宮古支店の新社屋が完成。

2017年
石巻支店の新社屋が完成。

2018年
第39回「2018日本BtoB広告賞」において、アサヤ(株)のパンフレット「江戸時代から続く漁具屋と漁師の物語。」が企業カタログの部・金賞を受賞。
資本金5千万円
従業員数96名(2018年10月現在)
売上高約17億6千万円 (2017年5月決算期)
代表者代表取締役社長 廣野 浩
事業所・気仙沼本社 (〒988-0853 宮城県気仙沼市松川前13-1)
・石巻支店 (〒986-1111 宮城県石巻市鹿又中埣25)
・釜石支店 (〒026-0002 岩手県釜石市大平町3-9-1)
・宮古支店 (〒027-0096 岩手県宮古市崎鍬ヶ崎第11地割10-1)
・階上工場 (〒988-0213 宮城県気仙沼市最知南最知304-7)
・越喜来工場 (〒022-0101 岩手県大船渡市三陸町越喜来烏頭5-1)
経営理念・漁民の利益につながる、よい漁具を

三陸の漁業に貢献することこそが、アサヤの仕事の本質。
たとえ、他の業者が諦めたとしても、
アサヤだけは最後まで諦めずに、三陸の漁業を守る。


・社員が主役になれる仕事

アサヤの仕事の主役は社員。
主役が貴重な人生を費やす仕事なのだから、
楽しさと充実感がなくてはならない。
「好き」で「得意」で「裁量」があって「評価」される仕事を作り、
皆で力を合わせて頑張って、頑張った分だけ報われる会社を目指す。


・三方よしの三百年企業

アサヤの創業は1850年。2050年には創業二百年、
頑張れば三百年企業も夢じゃない。
そのためには、社員が楽しく働き、お客様に喜ばれ、
地域にも貢献する、「三方よし」が大切。
地域の模範となる行動を心がけ、「信頼」という財産を遺す。
ホームページhttp://www.asaya.co.jp/
地域の魅力気仙沼は、宮城県の北東部に位置し、太平洋に面したまち。日本有数の漁港、気仙沼港があります。遠洋漁業の基地港としても栄え、国内外問わず多くの人が訪れてきました。そのせいか、気仙沼の人はオープンで温かい。新しいまちづくりにあたり「都会の真似はしない」と独自路線を貫き、2013年には日本唯一の「スローシティ」として認定を受けました。世界への発信力もこの町の強み。新しい日本のカタチはここにあるのかもしれません。  
スローシティ豊かな自然、海・山・川・里。大切に受けつがれてきた豊かな食文化。美しい景観とそこで営まれる人々の暮らし。こうした地域の個性を重視したまちづくりを進めてきた気仙沼。その取り組みが高い評価受け、2013年に日本で初めて「スローシティ」に認定されました。
おもてなし気仙沼は遠洋漁業の基地港としても有名。世界の海からもたくさんの船がやってきます。そのため、外からの人をおもてなす文化が自然と育まれてきました。気仙沼に来て地元の人とふれあえば、このまちの心地よさを実感するはずです。
生活情報ホームセンター:6 スーパーマーケット:9 コンビニエンスストア:33 小中学校:32 幼稚園・保育所:25

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約

採用情報

募集要項

職種・総務職: 1名
勤務地・総務職: 気仙沼本社 1名
勤務時間8:00~17:00
仕事内容・総務職: 経営企画・総務・経理・広報・情報システムの業務

中小企業の総務の仕事は、非常に多岐にわたります。地方自治体・公的団体から求められた書類を作成する、会社で使う備品・設備・車両・システムを管理する、働きやすいように各種制度・規則を整備する、社内や社外への情報開示・共有を行うなど、地味ながらも多くの人に影響を及ぼす、屋台骨を支える重要な仕事です。幅広いジャンルに興味と好奇心を持ち、人のことを考えて先手を打っていける人が求められる職種です。
単なる事務職ではなく、企画・運営も任せます。
将来的には、経営の右腕となってもらいたいと考えています。
採用基準・人物重視の選考です。学力、資格、経験、専門知識は重視していません。

・多くの皆さんとお会いしたいので、初回の説明会・個別面談は仙台・盛岡等の都市部で行います。

・会社のことをよく知っていただきたいので、会社見学で必ず数名の社員とお会いしていただきます。
選考ステッププレエントリー
 ▼
エントリー
 ▼
説明会・個別面談
 ▼
会社見学・社員同行
 ▼
ウェブテスト(資質検査)
 ▼
面接
 ▼
内定・入社

※ 各ステップは前後する場合があります。

給与・福利厚生(待遇)

給与<初任給・月給>

大卒・大学院卒 17万5,000円
短大卒・専門卒・高専卒 15万1,000円
高卒 14万3,000円

<モデル給与・月給>

20代(一般社員)  15万円~20万円
30代(主任~係長) 19万円~24万円
40代(係長~課長) 23万円~28万円
50代(課長~部長) 27万円~30万円

※ 上記に加えて、年2回の賞与があります。(7月・12月、2018年実績:月給4~5ヶ月)
※ 実際の給与は能力・経験・在籍年数・手当等によって異なります。
諸手当通勤手当 (マイカー通勤、上限1万3000円/月)
家族手当
昇給年1回 (6月)
賞与年2回 (7月、12月)
※ 月給の4~5ヶ月分(2018年実績)
休日休暇年間休日:105日(日曜祝日は休み、土曜は月1~2回出勤有)
有給休暇
お盆休暇
年末年始休暇
保険各種社会保険完備
福利厚生厚生年金基金
退職金共済
退職金制度(勤続3年以上)
試用期間あり
入社後3か月間
試用期間中の条件は本採用時と変更なし
マチリクとは?「マチリク」とは、“若者に期待する地域行政”と、“そのマチの企業”と“リクルートキャリア”がタッグを組んで、マチぐるみで人を採用し、イキイキと働けるように支援するプロジェクトです。マチリクを通して就職した人は、“マチリク同期”として、企業の垣根をこえた横のつながりができます。定期的に集合研修を行い、お互いの活躍ぶりを聞いて刺激をうけたり、悩みを相談しあったり。
<就職活動について>皆さんにとって、就職活動は社会人としての大事な一歩。仕事は人生の大半を費やす活動ですので、お金のために嫌な仕事を我慢するのではなく、楽しく仕事をすることを通じて人生が充実する、そんな出会いをして欲しいと思っています。

では、楽しさと充実感のある仕事には何が必要でしょうか。アサヤでは4つの要素が必要だと考えています。

第一に、自分が取り組む仕事を「好き」であること。仕事が好きならそれ自体が楽しいし、創意工夫して良い結果を出せるし、一所懸命に学ぶので成長します。

第二に、仕事で自分の「得意」なことが活かせること。得意なことを活かせば苦労せずに良い結果が出せるし、お客様に喜んでもらえて嬉しいし、さらに仕事が好きになります。

第三に、自分で考えて行動できる「裁量」があること。言われた通りに作業するのではなく、どうすればもっと喜んでもらえるか、どうすればもっと楽になるか、自分で考えて新しい工夫を積み重ねることが楽しさに繋がります。

第四に、自分の仕事が「評価」されること。誰にも喜んでもらえない仕事には楽しさも充実感もありません。相手の期待を知り、期待を満たす改善を積み重ね、心から喜ばれた時に楽しさと充実感が生まれます。

皆さんが楽しく充実した社会人生活を踏み出せるよう、心から願っていますので、是非頑張ってください!

職場情報

過去3年間の新卒採用者数・離職者数

2017年度 採用者数6人 離職者数2人 定着率66.6%
2016年度 採用実績なし
2015年度 採用者数2人 離職者数0人 定着率100.0%
(2019年2月時点)

過去3年間の男女別新卒採用者数

2017年度 男性6人 女性0人
2016年度 採用実績なし
2015年度 男性2人 女性0人

3年以内男性採用割合:100.0%
3年以内女性採用割合:0.0%

平均勤続年数

15.0年(2018年3月時点)

平均年齢

45.2歳(2018年3月時点)

研修

あり:各種講習・教育(フォークリフト運転技能講習、玉掛け技能講習、新入社員安全衛生教育など)を受講させています。
また、取扱メーカーを招いての製品勉強会、お客様の漁業者を訪問しての現場見学会なども、自社で企画して行っています。

自己啓発支援

なし

メンター制度

あり:新入社員に対して育成担当をアサインし、育成計画を立てさせています。
また、育成計画の実施状況について、経営層から育成担当・新入社員に対して個別にヒアリングを行っています。

キャリアコンサルティング制度

なし

社内検定等の制度

なし

月平均所定外労働時間

0.0時間(2017年度実績)

有給休暇の平均取得日数

10.4日(2017年度実績)

育児休業取得者数(男女別)

育休取得者数 男性0人 女性0人
取得対象者数 男性0人 女性0人
育休取得率 男性- 女性-
(2017年度実績)

役員・管理職の女性比率

役員 女性20.0%
管理職 女性0.0%
(2018年3月時点)

採用実績校

慶應義塾大学、国際武道大学、中央大学、東京農業大学、東北大学、早稲田大学

その他の情報

主な募集職種事務系 営業系 販売系
技術系で特に生かせる専攻:機械系、電気・電子系、水産系
主な勤務地勤務地限定採用あり
岩手、宮城
応募資格短大、専門、高専、大学、大学院卒業見込みの方 または 短大、専門、高専、大学、大学院卒業の方(2017年3月~2019年3月卒の方)
積極採用対象大学生(文系)、大学生(理系)、短大生、専門学校生、高等専門学校生
採用予定学科法学・政策系、経済・経営・商学系、社会・環境情報系、外国語・国際文化系、人文系、教育系、生活科学系、宗教・神学系、医療・保健系、芸術・音楽系、体育・スポーツ系、その他文系、機械系、数学系、電気・電子系、情報工学系、物理・応用物理系、建築・土木系、生物・生命科学系、化学・物質工学系、資源・地球環境系、農業・農学系、水産系、畜産・酪農系、薬学系(4年制)、薬学系(6年制)、商船系、医学・歯学系、獣医系、衛生医療・介護系、その他理系

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー説明会予約
連絡先:
〒988-0853
宮城県気仙沼市松川前13-1
管理本部/採用担当
TEL: 0226-22-2800
FAX: 0226-22-5434